採用する側の”バケツに穴”理論。
穴があいてる企業には水を入れても(採用しても)仕方ないという理論。

企業側のみならず、求職者側にも言えること。

働くにあたって支障のある人。
まずは自身をしっかりとメンテナンスすること。
修理が必要な人は、しっかりと修理をすること。
ポンコツのままでは働けない。

しっかりとメンテナンスしてから働くこと。
その方がハッピーになれる。
穴の開いたまま働こうとしても結局おかしくなる。
その状態まで追い込んでしまうことで、修理が不可能な状態になってしまう人も少なくない。
そうなってからでは遅いのだ。

自身ではなかなか気づけないこともある。
そんなときは周りの声に耳を傾けることも大事。
手遅れにならないように。

今日も頑張っていきましょう!

 

#

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    営業日・イベント
    <<3月 2021>>
    28 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 1 2 3
    Map