最近、Aターン希望者用の求人を見る機会があった。
一言。
「求人の数は少ないにしても、質的には向上している?」って思った。

以前と比べて、Aターンとか、Uターンに関して、県内企業も
目を向けるようになってきたのを感じる。
確かに、ここ数年Uターン希望者の数は増えている。

団塊世代と呼ばれる層を親にもつ人たちが、退職後の親の面倒を
見なくては…ってことで、Uターンを希望している人たちが増えていると言うことではないのだろうか?

しかしながら、いくらUターン用の求人とはいえ、年収面が低すぎると思った。
弊社では、あまりにも年収が低いと感じる場合には、直接企業に
交渉することがある。
さすがに、暮らせないと感じるくらいの年収を提示されても、
Uターンすることは難しい。

需要は以前にも増して高まっている。
しかし、県内企業もUターン人材を迎え入れる体制をしっかりと
構築するべき。
待っていては良い人材は確保できない。

#

Comments are closed

営業日・イベント
<<1月 2022>>
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
カテゴリー