先日、あることがきっかけで思ったこと。

「サービスって何だろうか?」って。

某運送屋さんの行動がきっかけ。
2月に自宅を引越しした。
以前、その運送屋さんの人は、自分の会社も自宅も配送担当だった。

先日、山梨の大学の同期の人間から、送られてきた荷物があった。
引越ししたことを知らせてなかったので、以前の住所に贈られてきていた。

通常ならば、住所の転送先へ自動的に回されるところなのに、
その運送屋の人は気を利かせて、会社の方にわざわざ持って来てくれた。

ここがサービスなのでは?って思った。
いくら知っているからといっても、顧客は顧客。
そうされることで、自分はかなり満足感があった。
その気の利かせように感動した。
「これがサービスだよなぁ」って。

1個でも荷物は荷物。
1個の単価なんて知れている。
しかし、こうした1個1個に対しての気持ちのサービスって
すごく大事で、それを繰り返すことが営業になっていくのでは
ないかと思った。

時間指定しても、時間より前に来てくれる運送業者もあれば、
時間指定した時間には絶対来ない業者もある。
客の視点からしてみると、差は圧倒的。

サービス業。
今一度、サービスのあり方を考えなくてはいけない。
普通ではサービスとは言えない。
良い意味で、客の想像を裏切ること。
そこに本当の意味でのサービスが存在するのでは?

#

Comments are closed

営業日・イベント
<<4月 2021>>
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
カテゴリー