秋田。

本日より秋田で仕事。

1日までなので、1週間。

がしかし、実際は、27日までしか秋田にはいない。

あとは盛岡で会議だったりするわけで。

正味3日ってところ。

非常に短い。

それでもやるべきことをしっかりとやりきるだけ。

時間は有限。

その中で、何をどうするのか?

全ては自分が決めるのだ。

楽しんでいくまでである。

 

カテゴリー: 社長ブログ

滋賀へ。

本日はOFF。

社内の懇親会的なもので、これから滋賀へ。

戻りは20時予定。

世間が連休中なので、道路が混まなければ良いなと・・・

なので、安全運転で早めに出ようかと思います。

ではでは。

カテゴリー: 社長ブログ

やるなら真剣に。

中途半端な気持ちでは事故に合う。

何をやるにもそんなものだと思う。

だから、やるなら真剣に、全力でやること。

それ以外はNG。

 

覚悟を決める。

まずはそこから。

やっていく間に、さらにその覚悟が変化していく。

覚悟すればするほどに、楽しくなっていく。

そうなったらやめられない。

楽しくなるから。

初めから楽しいことなんてない。

皆、それなりの努力をしてこそ楽しくなるのだ。

 

楽して楽しくなることはない。

それを理解すること。

カテゴリー: 社長ブログ

大企業病。

転職に向かない人。

条件優先の人。

内容ではなく、条件が優先の人。

はっきり言って向かない。

なので、紹介もしたくない。

自分で探してくださいって思ってしまう。

看板の立派な企業に勤務している人に多い。

それなりの条件ゆえ、同じような条件を求める。

・・・ありえない。

看板でしか仕事してない人が何で勝負するのか?

そこを考えなくてはならない。

大企業病は転職に不向きである。

 

カテゴリー: 社長ブログ

仕組み。

できるだけシンプルに。

運用しやすいものしか定着しない。

面倒なのは誰でも嫌がる。

基本的なこと。

そこを理解してくれるシステム屋が良い。

難しい言葉、仕組み、資料などを多用して説明する業者。

・・・まぁ信用しない、出来ない。

それで誤魔化しているようにしか思えないから。

子供に、いきなり英語で話しかけるようなものだ。

それをする業者はまず信用しない。

技術やスキルを素人にぶつけてもただの自己満足。

その程度ってことになるのでは?

どの業界でも同じだと思う。

まずはわかりやすいことが第一。

カテゴリー: 社長ブログ

テンション。

スタート前。

気持ちを高ぶらせて合図を待つものだ。

合図と同時にダッシュをするために気持ちを持っていく。

そのための準備。

それが出来ないなら当然ダッシュができなくなる。

そんなものだと思う。

休日。

それが出来ないのなら、休む資格はない。

ダッシュすべき時に休むことで、出来ない理由ができるのならば

休んではいけないということである。

当然である。

意味を考えること。

当たり前を当たり前に。

カテゴリー: 社長ブログ

縁。

何らかの理由があってのご縁。

その機会をただ捨ててしまう人。

縁には恵まれない。

間違いなく、もったいない。

せっかくの機会を会いもせずになかったことにする行為。

縁に恵まれるわけがない。

捨ててしまってるわけだから当然。

そこを大事にするかしないかだけで、その後の人生が変わることもある。

そのきっかけは、チャンスでしかない。

それを生かそうと思うかどうか。

全ては自分の気持ちが決めている。

逃してはならないのだ。

カテゴリー: 社長ブログ

トレーニング。

最近、時間がないってのを理由にトレーニングできていなかった。

なので、再開することにする。

そのための時間をしっかりと確保するようにする。

スケジュールに組み込んでいく。

そうすることで確実にできるようになる。

適度な運動は絶対必要だと思うから。

健康管理は、運動でするのが一番である。

 

カテゴリー: 社長ブログ

紹介。

転職希望者。

誰かの紹介のみ。

全て誰かの紹介でしか受け付けていない。

正確には、それだけでも受けられる人数を満たすので、

時間的な問題で、他は受けられない状態。

まぁ、ネット経由でも受けないことはないが、

あまり信用はしていない。

まともに企業へ紹介できるかどうか?

そこはやはり、誰かの紹介の方が抜群に高い。

なので、あえてそうしている。

すでに。8年以上はそのスタイル。

これからも続けていく。

そうした繋がりを大事にやっていく。

それが弊社の売り。

カテゴリー: 社長ブログ

暇だから問題が起きる。

人間関係。

難しいようだが、実は簡単。

皆が一生懸命に全力で同じ方向を向いて仕事してたら

問題は起こらない。

そこに、一生懸命でない人がいたり、方向性が同一じゃなかったり、

手を抜いてるのがいたりするから問題は起こる。

そんなものだ。

暇だからである。

そうならないような仕組み。

まずはそこれ解決できるものも多い。

そこからは事例によって対応を幾つか考えなくてはならない。

しかし、ものの多くは仕組みでどうにかなる。

そこをやらずして問題解決は難しい。

 

カテゴリー: 社長ブログ