RPA化。

入れるのが重要なのではない。

入れることによって発生する業務分析・業務改善。

そこに価値があると思う。

省力化。

設備を入れる際の考え方に似ていると思う。

どうしてそこの考え方を応用して考えられないのだろうか?

そう思う場面ばかり。

もっと頭を使うべき。

100%の効果なんて求めるのがナンセンス。

そんなものはない。

どう使うのか次第で、100%に近づけていくってのが大事なのだ。

何事も努力あってのこと。

忘れてはならない。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*