成長意欲。

ある人とない人。

明確である。

ある人は、ない人より働く。

これは間違いない。

そして、考える。

これも間違いない。

つまり、意欲のある人は、良く働いて、考える。

ない人はその逆。

どちらが必要とされるだろうか?

考えなくても明確。

どちらを目指すのか?

それは個人の自由。

しかし、生き残る人もいれば、生き残れない人も出てくるし、今後その格差は一気に広がっていくことになるだろう。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*