3発。

来週は3件の面接。

弊社の面接から内定までの決定率は9割。

面接に進めば大概は内定していく。

それなりの人物なのだから当たり前。

そういう人物しか紹介しない。

なので、内容だけしっかりとこちらで確認して紹介する人材は

企業側にしてみれば検討しやすい人物で当たり前。

つまり、内定が出て当たり前なのだ。

選べる環境にはない地域なのに、それでも都市部の企業に比べて選ぶ秋田の企業。

選べるならば良いのだが、現実はそう甘くはない。

決定が遅れるということは、次へのステップが遅れること。

時間は待ってはくれない。

同時に、人材も待ってはくれない。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*