人材不足業界の就職活動。

先日の県議会議員選挙に続いて、今度は市会議員選挙。
なぜ時期をずらすのだろうか?
無駄な経費をかけずにやるべき。
まずはそこ。

さらに、立候補者について。
まぁ立候補は自由。
しかし、適正は見るべき。
応募資格があるのかどうか。
そこも見ずに誰でも応募可能なところがNG。
適正のない人まで出ている始末。

さらに、議員報酬が不当。
年収600万円くらいで良いl。
それでもやりたいという人がなるべき。
それは国会でも県議でも市議でも同様。
少しの差はあれど、全国平均で秋田が高いってのは不当。
平均年収順位に連動するべき。

それでもやりたいと言う人しかやってはいけないものだと思う。
なるべくしてなる人は少ない。
本当に、県民、市民のために・・・って人は少ない。
ほぼ、就職議員。
それではよくなるわけがない。
そもそも成立しない話でしかないのだ。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*