命日。

今年で20年。

あの日からそんなに時間が経過したのかと・・・

何だか毎年この日を迎えるたびに思う。

あれから20年。

 

昨日のことのように・・・とまではいかないが、それでも

そんなに経ったのかとは感じないくらいの記憶。

まぁ事が事だっただけに、それも当たり前だろう。

でも、生きてる意味、生かされている意味を考えるようになった日でもある。

生きるって事に対しての意識が高まる原因でもある1日。

価値観が育つ1つであった事は間違いない。

そして、今の仕事がやれている理由の1つでもある能力がそこから

始まったのも事実。

 

人生って一瞬で変わったり、終わったりするものだけど、

どう生きていくのかは、自分次第。

生きている時間を大切に。

 

そして、タイヤ交換は4月になってから。

それがあの日の一番の教訓。

 

カテゴリー: 社長ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*