数値目標。

数値。

出して満足してたらそこで終わり。

せっかくの数値の割り出しが無駄二なる。

その数値はただの現状であり過去。

大事なのは、その先をどういくのか。

そこをしなければ、数値は意味を持たない。

 

どうしていくべきか?を検証するための数値である。

出した数値に対して、ただただ東北で何位だとか言って満足してるから進歩がないのだ。

だったら、そこからどうしていくべきなのか?

どこを目指すのか?

その数値は?

それを実現するには?

今何が足りないのか?

・・・とか、そこをやるべきためのものであるのだ。

 

やることをやれば、まだまだ改善の余地がある。

秋田県だけではなく、他の行政も、企業も同様。

カテゴリー: 社長ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*