「採用してください」

「採用してください」もあれば、「採用した方が良いですよ」もある。

また「無理しない方が良いですよ」ってのもある。

この違いは、明確。

 

「採用してください」は、そのまま。

タイミングを逃すな・・・という意味。

逆に、これを言った時に採用しなかった企業は損をする。

確実に損をする。

だから、強制的に採用してもらうようにしている。

結果も出ているので、確実な時にしか言わない。が、結果は出ている。

 

「採用した方が良い」これは判断は委ねている場合。

あくまでも、経営者の判断で良い場合は、そのように伝える。

適正な試験等もしてもらった方が良い。

まぁ普通程度。

 

「無理しなくても」この場合は、無理に採らない方が良いですよという場合。

どうしても人が欲しいという場合、この状況になりがち。

この場合は、しっかりと適正検査をして、会社のルールに則ってやってもらった方が良い。

 

全て経験値から答えは出ている。

例外はない。

なので、絶対なのだと思う。

結果が全てである。

カテゴリー: 社長ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*