天気予報の意味。

天気予報。
今週末の天気は荒れる。
・・・分かっているなら、それをどうにか生かすべき。

毎回そう思う。
台風が来る。
寒波が来る。
それを伝えるだけって何の意味も無い。



肝心な予報すら当たらない。
存在意義ってどこにあるのだろうか?
とにかくそれしか思わない。

”存在意義”真剣に考えるべきだと思う。



分かっている情報を元に、対策できるようになれば良い。
少なくとも、害になるくらいのものならば、それを
出来るだけ回避するようにするべきだと思う。

大雪が降るのがわかるならば、降らないように。
台風や竜巻がくるのならば、それを逸らすように。
・・・いろんなものが想定できる。
それを害にならない程度に防ぐくらいは
やっても良いのでは?って思う。



それが存在意義なのではないかと思う。
存在しなくてはならないもの。
それが存在意義。

天気予報を見るたびに思うこと。
存在価値が不明だということ。

カテゴリー: 社長ブログ