刻年会。

忘れてどうする?
・・・素朴な疑問。

忘年会も数を数えること10数回。
今年はなんだかやたらと多い。
終わりが近づくにつれある疑問が。



忘年会。
忘れる年の会。
1年を忘れる会?

・・・不思議だったので、検索して調べてみた。
そうすると、年末に1年の苦労を忘れる会とある。
更に疑問が深まった。
何で忘れるんだ?



どうせなら、その苦労を糧にしていくべき。
忘れてしまっては・・・と頭の固さが・・・

なので、”刻年会”がしっくり来るのでは?と思う。
苦労してきたことを忘れずにしっかりと刻んで、
次の年に生かしていく。
だから、刻年会。



響きがあまり良くないかもしれないけど、
これを継続していくことで、慣れてきて、やがてそれが
当たり前になる日も近い???

なんてことを考えながら残り少ない年内の業務をスタート!

カテゴリー: 社長ブログ