羨むくらいなら。

自分と他人を比べる。
比べて自己嫌悪になっている人をよく見る。
「実にくだらない」

比べて何になるのだろうか。
比べて自分が劣っていると勝手に判断して、
自己嫌悪になることで何かメリットはあるのだろうか。
何にもならないことをしてる。
そう思う。

羨ましいって思うくらいなら、どうしたら自分もそうなれるのか。
今の自分には何が足りなくて、そうなるにはどうしたら良いのか。
そんなことを思う為に比べるならまだしも、ただ単に比べて
自分が劣っているって自虐的な感じになって、羨むだけみたいな
ことをするのって何なんだろうって思う。
実に無駄でくだらない。

そんな”県民性”なんていわれるくらいそうした考え方の
人が多いこの県民性とやらを破壊したい。
もっと前向きな考え方の出来る人間の多い街にしていきたい。

カテゴリー: 社長ブログ