景気の悪い話ばかりではない。

ここ2,3ヶ月、経済の冷え込みを直に感じる。
昨年までの勢いとは違って、どこも良くない。
あくまでも自分の視点から見た感じ。

しかし、そんな中でも「w( ̄△ ̄;)wおおっ!」って言う
求人が多々ある。
他には出ない求人。

条件は秋田では考えられないくらいの内容。
当然、求められるものも高い。
なので、公的機関には絶対出ない求人。
そこでは集まらないから。

そんな求人をくれるのは、新たな進出企業であったり、
ベンチャー系の企業ばかり。
これまでと同じ仕事をしている企業から声がかかることは
あまりない。
景気の波に飲み込まれていて、人材に投資できるような考えを
持っていないから。

機械や設備は勝手に動かない。
動かすのは人。
設備投資はできるけど、人材には投資しない…。
理屈がわからない。

誰でも良いということは、会社は人材を大事にしていないということになる。
そんな会社で働くのは不安ではないだろうか?
人材投資が必要不可欠の時代なのに、それで会社を継続的にやっていくことは可能なのだろうか?

人材投資出来る企業が増えることを願う。

カテゴリー: 社長ブログ